里ぶろ

Topic
仰木の里のブログ<里ブロ>へようこそ!
仰木の里にこんなところがある、こんなことやってる、というような情報をみんなで発信して、みんなで共有する。
そんな場にできたら、という思いで発足しました。ルール・マナーを守って楽しいブログにしましょう!

最新記事





当ブログの主旨
サイバータウン仰木の里では、仰木の里の各種団体やサークルのみなさんが難しい技術がなくとも掲示板に文字や写真を掲載するような気軽な感覚で活動紹介や情報交換ができるよう、ブログを利用したホームページづくりを企画いたしました。
まだ、試験的段階ですが、皆さんのご参加をお待ちしています。
参加を希望する団体・サークルは下記の利用規約を必ずご覧になり、参加申込フォームよりお申込ください。参加申込された場合は利用規約に同意されたものとみなします。
利用規約
参加申込フォーム
サイト内検索

カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

過去ログ倉庫

最新コメント


MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 「せかいじゅうのこどもたちが」 | main | 真冬のスポーツ大会 >>


たすか〜る仰木の里
人がやさしいまちづくりフォーラム 

「たすか〜る仰木の里」

2月25日(日)仰木の里市民センターで開催されました。

そもそも、「たすか〜る仰木の里」とは、なんぞや・・・

それは、「地域の助け合い」福祉事業です。


この地域も高齢化が進みます。私たちも年をとります。その時に、毎日の生活で、
実際、困ることは起こらないでしょうか。
例えば・・・ごみ出し、大型ごみや古紙出し、庭木の手入れ、病院への送迎、家具の配置換え、買い物、話し相手・・・。困ったとき、誰かちょっと助けてくれないかな。
助けに来てくれます。電話するだけです。(事前登録の必要ありません。但し予約制)
そして、この事業の必要運営費をかかった時間分負担する。
それが、「たすか〜る仰木の里」です。

今は、この事業の準備検討段階です。「まちづくり委員会福祉部会」内、創設準備委員会(座長=河中すみ子氏)にて、他の地域の事業も参考にしっかり検討し、じわじわと形になってきました。
今回のイベントは、地域の人達に広くこの事業を知ってもらうために開催されました。

イベントの報告をします。

おてんきオープニング
 ●仰木の里、里東幼稚園児による合唱。
  可愛かった〜 お父さんお母さんたちも嬉しそう。
  ただ、里地区は子供が減少し、里東地区はどんどん増えているそうです。
  

 ●まちづくり委員会 委員長 松村 勝氏 ご挨拶
  「たすか〜る仰木の里」の名前についてと、「助けるボランティア(会員)募集中!
  見切り発車にならないよう、しっかり準備検討を重ねていきたい。とのこと。

 ●棚田アンサンブル 演奏
  男性二人、女性二人でサックス4種で素敵なアンサンブル演奏を
  聴かせてくださいました。うち、お一人が里の方。他は大阪方面からわざわざ
  来てくださいました。曲は「涙そうそう」や、「G線上のアリア」など。
  

おてんき体験コーナー
 ●未来体験コーナー
  子供たちが、車いすや、杖などを使っていました。
  実際自分が使ってみて、使い心地が初めてわかるんですよね。
  おじいちゃんやおばあちゃんたちに、すっと介添えの手が出せるようになってほしいな。
  

 ●もの作りコーナー
  竹細工で楽しく遊びました。「ホイッ!」と言いながら回す竹プロペラ、
  子供達も不思議そうに楽しんでいました。
  

おてんき模擬店
  ●仰木青空市 ●しし汁・ぜんざい ●焼きそば ●コーヒーショップ
  皆さん、とっても美味しかったです。
  仰木青空市で、野菜とお米とお味噌と買いました。調理方法も教えてもらいました。
  

おてんき展示コーナー
 ●共同作業所からの出品 ●衣川台オアシスコーナー
 ●「たすか〜る仰木の里」の経過など
  
この絵がわかりやすいわぁ!と思ったら、やはり里に住むプロの方の絵でした。
  高橋京子さん、「まちづくり」でもらったクレパスで描いてくださったらしいです。
  

おてんきパネルディスカッション
 ・河中すみ子氏(まちづくり委員会福祉部会長)
  これまでの経緯や現在の状況の説明。ボランティア会員は、現在40名ほど。
  利用者*会員*事務局 のトライアングルで運営する。
  利用料は例えば30分300円とか?(あくまで未定です)。

 ・田畑 義隆氏(南郷グリーンボランティアグループ)
  「たすか〜る仰木の里」のようなことをすでに南郷地区にて運営されている。
  始めた当初は、ほとんど無かった依頼も現在は年間50〜60件もの依頼がある。

 ・田中 千恵氏(衣川台オアシス)
  この地域内の衣川台の地域単位で、同じような福祉活動をされている。
  無理なく週1回で身近な手助けから。気兼ねなく助け、助けてもらう。

 ・山口 信治氏(学識経験者)
  デイサービスなどを含めた施設サービスの向上。
  福祉をお金を払って手に入れる、ということなので、文書化し事業としての認識を持つ。
  

他に・・・
「助けて!」が言えない人も多いのでは。
普段の近所付き合いの中で、お互い無関心さを無くし、組会議で情報を共有。「たすか〜る仰木の里」を知って利用できるよう、広報活動や実例で伝えていく。
そういったことで、独居暮らしの事故を減らし、老々介護の不安を無くす。

・コーディネーターは、廣瀬 正行氏(まちづくり委員会副委員長)
みなさんの話をわかりやすくまとめてくださいました。

そして、松村委員長の「安心安全のまちづくり」をしていきましょうの言葉で終了。


 ●大抽選会
みんなクッキーやこんにゃく・・・いいものもらっていい笑顔でした拍手
  


以上、本日の報告終わり! 
私自身が、地域でこんな活動が進んでいることも全く知らず、地域の福祉に初めて関心をもってしまった一日でした女 みなさん御苦労さまでした。
           ・・・でも、私自身、のすぐ未来のことなんやねぇ。

                       サイバータウンスタッフ一員
  
| まちづくり委員会活動 | 23:19 | comments(1) | - |

スポンサーサイト
| - | 23:19 | - | - |
コメント
お疲れさまでした

滋賀ケーブルネットワークが取材に来ていました。

ケーブルテレビ 9チャンネル(デジタル701チャンネル)
番組名  「Weekiy ! かわら版」
放送日  2/26(月) 
 時刻  18:40〜  21:40〜 22:40〜 23:40〜 24:40〜

         (それぞれ放送時間は15分)
| yan | 2007/02/26 7:55 AM |
コメントする